大人の RIKA 教室

平成 27 年秋期 第 4 回 (1 月 23 日)「尾張大工の系譜」

講演会お知らせ
日時
平成 28 年 1 月 23 日 (土)
場所
中部大学 521 教室
講師
魚津 源二 氏

城の工作部隊

  • 城の工作部隊には古い歴史があり、法隆寺大工、四天王寺大工、京都では、中井家などがある
  • 名古屋城は、当初岡部家だったが、その後伊藤家が担当した
    伊藤家は、名古屋別院、北野天満宮も手掛けた
  • このように全国各地に宮大工がいる

大工の使い方

  • 常時、大工を雇っているわけではない。仕事の時だけ、集めて建立にかかわる
  • 1 日働いて幾ら…で仕事を進める。どこまでやって幾ら…で仕事を進めると、仕事が雑になる
  • 大工の腕が良いと、組織がしっかりする

材料

  • ヒノキ、杉、けやき、松、あすなろなど
    ヒノキは全て使われる。皮は屋根に使う
  • 材料の吟味の能力も大工に必要
  • 木曽の山で育った木は、川の水に浮かせて下流に運ぶ
    この間に樹液が木から抜け出て、乾燥し易くなる
    即ち、木は水に浸けて乾燥する
    良い乾燥が出来ないと、後々歪を生ずるようになる
  • 最近は材木の調達が難しい
    木曽の山の木が極端に少なくなっている

道具

  • のこぎりは材料を有効に使う道具
  • 道具は自分で買わせる。大事に使わせる為

しきたり

  • 親分には逆らわない。逆らうと仕事を失う
  • 前と同じものを造る。地震などで壊れても、同じものを造る
    壊れた原因を考えて、違うものを造ると、親方から破門される

質問

Q
地震対策…筋交いが見られないが、大丈夫?
A
  • 実際には、揺ってみないと分からない
  • ホゾの中で木どうしがこすり合って、キイキイと鳴く
  • これで地震のエネルギーが吸収される
  • 泥壁はゆらゆら揺れる…これによりエネルギー吸収される
Q
宮大工と一般大工の違い?
A
  • 技能は同じ。人の住まないものを造っているのが宮大工
  • 人の住むことは考えていない。見た目が大切と考えている
  • 今の大工は大工ではない。組み立て工だ

講演概要

講演の様子
講演の様子
講演の様子
講演の様子


ウェブ サイト内
後援:春日井市教育委員会