大人の RIKA 教室

平成 29 年秋期 3 回 12 月 16 日 (土)「CP 対称性の破れ」

2018 年ノーベル物理学賞学賞(南部洋一郎、小林誠、益川敏英)

講演会お知らせ
日時
平成 29 年 12 月 16 日 (土) 14:00~16:00
場所
中部大学 611 室
講演者
名古屋大学理学部物理学科
飯嶋 徹 教授
概要
物理法則には幾つかの基本的対称性があるが、この対称性の破れの発見が、物理学の進歩に重要な役割を果たしており、粒子と反粒子の対称性の破れ (CP 対称性の破れ) の発見もその好例と言ってよい。その説明として、小林・益川理論は、物質を構成する基本粒子であるクォークが 3 世代 6 種類あることを予言し、その最終的な実験的検証が「B ファクトリー」実験で行われた。その後、粒子の質量の起源を説明した南部理論から予言されたヒッグス粒子も発見され、素粒子の標準理論が完成したのだが、これで全てわかったか? というと、まだ説明でいない謎がある。その謎の解明に向けて日本では「スーパー B ファクトリー実験」がいよいよ始まろうとしている。


ウェブ サイト内
講演の様子
後援:春日井市教育委員会